金融資産1億円への架け橋

大台突破した元サラリーマンが、突破の再現・自由な生き方・幸せ感・スキル醸成について考えるブログ

なぜコミュニティ運営にチャレンジしようと思ったか??_コミュニティ作りチャレンジ!#01

すがじんです。こんにちは^^

 

30代アーリーリタイアを実現したすがじんは、経済的・精神的自由を大事な人たちに普及させたくなりましたw。今回は社会への恩返し・貢献を兼ねて、コミュニティ作ってみよー!!という悪戦苦闘記の第一弾。新たなチャレンジに躊躇してしまう人たちの背中押しになれば幸甚であります^^将来、自分が心折れたときの拠り所にもしちゃいます^^;

 

目次

 

経済的自由、精神的自由を経て

 

当ブログで何回も書いてますが、経済的・精神的自由は、それはそれはもー

圧倒的に自由で気分が良いです(´ー`)

 

枠に押し込まれることがなく、どこまでも飛んでいける気分!!

 

死ぬまでほぼ安定的な金利収入が入る状況で、人生の将来に対する安心感はMAX(・∀・)

 

まぁこんな感覚に浸れているわけです
いーでしょ!?超絶努力の結果ですからね~

 

で、遊んでばかりかというと??

 

実はまったくそんなことありませんww

 

夢がないですかね、w

 

お金遣いも消費についてはとても質素でございますm(_ _)m
ココ見テ→どんな贅沢してるの?億越えマンの欲求と消費/投資行動

 

アーリーリタイアしてからの日々は、主夫やりながら、投資戦略立てたり、新事業構想したり、ビジネスサロンで仮説ぶつけてみたり、このブログで思想を整理したり、トライアスロンのトレーニングしてます

 

自由に仕事してる感じです

 

しかも、稼ぐ必要ないから、マジで好きなことやれてる(・∀・)
 超絶好きな言葉→「遊ぶように働く、働くように遊ぶ」

 

だから平日休日関係なく、フロー状態!! 
楽しくて興奮して夜寝れない、とかザラw

 

これが果てしなく幸せですね

 

アーリーリタイアしたばかりなのになんで遊んでないかというと、きっと幸せ感の4ファクター↓↓が頭にあるから

 

この4ファクター、コンサル時代にチームで捻り出したオリジナルフレームワークです
コンサル時代には顧客に熱く説き、事業責任者時代にはメンバーに熱く説く、暑苦しいすがじん、w

 

幸せの4ファクター

↓↓こんなイメージね

  • この組織(家庭)が好き
    例)この家族、超好き! 
  • 意義あることを
    例)おいしいもの作って家族に喜んでほしい

  • 自分でやると選んで(決意して)
    例)自分で調理したり、有名店から取り寄せたりを、自分が決めるぞ(意見貰いながら)!!

  • 貢献を感じて
    例)家族がおいしさに本当に喜んでいて

  • この組織(家庭)がマジで好き!!
    例)家族でバカみたいに楽しんで、なんて素敵な家族♪ 

 

貢献度が大事と心底思っているので、遊んでばかりにはならないすがじんなのでした^^;
本当はさ、子供連れて世界一周旅行とか行きたかったけどさ、絶妙なタイミングでコロナが邪魔するわけヨ

 

 

どんな貢献をしていきたいのか?

 

40歳を前にしたすがじんが、After40歳にどんな貢献をしていきたいかというと、、、

 

すがじんの大事な人たちが、以下の脅威に対して、十分に備える道案内をしたいと思っています

 

新興国スーパーエリートやAI・RPAに仕事を奪われる

 

②超高齢化社会の日本で年金制度が崩壊する
  今の「2000万足りません」問題、後の世代ほどその不足額が大きくなっていく問題、など

 

この危機対応策(事後対策)の一つとして、「経済的自由/精神的自由への道」は非常に良いソリューションに思えています

金持ち父さんことロバートキヨサキのレター20年7月号より

大規模な変化が訪れていることは明らかだ。
そして、未来をコントロールする最良の方法は、富を築くことである。


少なくとも、JNGの子供たちが成人する段階ではある程度の方法論は固めておきたいなぁと思うわけです

 

なんでここにフォーカスするかというと??

 

以下四点に同時に巡り合った結果で、もはや縁としか言いようがないですね

 

  • サラリーマン時代から、上記の①は常日頃危機感を感じてた

  • なぜかコロナのタイミングで、たまたま経済的自由に到達してしまったすがじんは、精神的・経済的自由のもたらす安心感に果てしなく感動した

  • コロナ禍で在宅勤務できてしまうという事実があり、成果を出す社員/出さない社員がはっきりし、後者が不要といわれるのがそう遠くない時代になってしまった

  • たまたま会社を作る過程で、年金を考えるきっかけがあり、やっぱヤバイよね~と実感した

 

すがじん自身の興味関心事

 

すがじんが好きなことはこの三つに集約されます

  • データが変化していく様子を眺めるのが好き
    ココ見テ→家計簿やる人はシンプル投資に向いてるんじゃないか説

    →新規事業立ち上げて、KPI管理しながら事業を拡大させるのとか、結構うまかったと思います

    →資産形成・運用のためのアセットアロケーションは、事業ポートフォリオを組む感覚なので、自分にムチャクチャ相性がよいw
    ココ見テ→金融資産1億円突破するとわかったらどーする??その3:アセットアロケーション


  • 企業や個人が変化する様子を見るのが好き

    →幼少期から人に働きかけるのが好きでした

    →大企業向けのコンサルは変化が遅くてフラストレーション^^;当時副業でやってた小企業向けコンサルでスピーディに変わっていく様は、悦!!!


  • あまり見ない生き方をするのが好き、レアなポジションにいるのが好き

    →遊びながら働き、働きながら遊ぶというスタイルを追求したい

    →現代は、クラウドソーシングの普及に伴い、「個の時代」にシフトしつつあります。なので、人を雇わずにアウトソーシングを駆使する会社形態でどこまでやれるのか追求してみたい

    →家族で世界中を旅しながらどこからでも事業がやれる姿を追求したい


こんなことが実現できそうな事業テーマを探していました



投資の普及に対する危機意識

 

積立投資は非常にベーシックで着実な資産形成法と感じているのですが

 

あまり普及していないことに、課題意識を持っていました

 

積立投資の複利成長グラフをいろんな人に見せてみると・・・
f:id:JJNG:20200601160452p:plain

ココ見テ→億越え再チャレンジ!~積立投資編 vol.0(はじめに)~

 

 

・・・

 

ピンとこない人が多数( ゚Д゚)

 

みんな、数学で乗数とか確率とか習ってるよな??

 

どう考えても高い確率でこの曲線に収斂していくのに、なんでやらないんだ??

 

経済活動(PLとBSの増え方のしくみ)がわかってないのか??なんでだ??

 

ちょっと考えたら、やらないのはマジで損なのに、なんでだ??

 

と、すがじん内で疑問がムチャクチャ膨らんでいるところでした

 

グラフに対する反応はこんなところが大多数でした

 

「本当にそうなるのか、わからない」
 →複利計算するだけじゃね??

 

「ただのシミュレーションでしょ、絶対と言い切れるのか」
 →確率統計で考えるだけじゃね??

 

「やり方がわからない、怖い」
 →やり方学習するだけじゃね??

 

あぁそっか

 

多分、やったことなくて怖い人が多いんだ、というのが現時点のJNG仮説

 

すがじんは若いころから、この手の恐怖と対峙し続けているので、はっきり言って慣れている
だから感覚ずれてると多くの人にいわれますT^T

 

投資の普及状況の統計を見てみると、確かにやったことない人多いのかも。実感値とも整合する

 

収入別証券保有率

収入別証券保有率(日本証券業協会



しょーがない、ムチャクチャベーシックなテーマにはなるけど、積立投資の「行動」を後押ししてみよう!!
あまりにもベーシックすぎて、こんなテーマ設定でいいのかビビりまくってますよ、すがじんはw

 

自分で実験して結果を見せ続けるだけじゃなくて
ココ見テ→誰でもできる!積立投資


仲間作って、何が怖いのかはっきりさせながら、これだけたくさんの人がやれてるんですよ!!を示してみよう!!

 

と、コミュニティを作ってみることにしたのでした
実験感覚でね。目下設立準備中

 

まぁ自分も独りで20年も続けてると、どこかで長続きでないときが来そうだしね
武神龐煖だって、そんだけの期間があれば、たまに寂しくなることもあることでしょう、w

 

f:id:JJNG:20200709195425p:plain

 

小さな成功体験が積めれば、やってみたら意外と簡単なんだね!と思ってもらうイメージ

 

そしたら車輪は回り続けるんだろーなー

 

 

 

おわりに

 

このコミュニティは、行動を支えあい、恐怖に対峙できるものにしたいと思ってます
情報商材とかは売らない。情報弱者搾取ビジネスとか嫌い

 

懸命にやってたら気が付けばマネタイズできているという事例がチラホラ聞かれるので(推薦図書参照)

 

そんなチャレンジをしてみたいと思います

 

そもそも自分個人はもはや生活のために稼ぐ必要はなく^^;
通常のスタートアップと違って、稼ぐ必要がないところから事業を始められるのは、実は圧倒的に強みになるかもしれない。顧客価値だけ考えられるから

 

そんなチャレンジを通して

 

お金に対する罪悪感や、恐怖感はどこからでてくるのか??

 

それに立ち向かうための方法論は何か??

 

子供・孫の世代のために、未来のコミュニティの仲間と形にしていこうと思います

 

ではまた次回!!

 

P.S.1
内容面白かったら、ブログ本文の下にある【星マーク】をクリックしてください!!
連打もウェルカム、すがじん、喜びます^^

 

P.S.2

続編こちら

www.assetprocessor.info

 

推薦図書

 

1万円起業:好きなことを追及してたらなんか稼げちゃったョ事例集。皆、自由になろう!!

 

www.amazon.co.jp