金融資産1億円への架け橋

大台突破した元サラリーマンが、突破の再現・自由な生き方・幸せ感・スキル醸成について考えるブログ

金融資産1億円を突破した後、生き方の選択~なぜ投資家をやってみようと思ったのか?~

 

すがじんです。こんにちは^^

 

TV番組で、宝くじあたって散財しちゃう人いますよね。あとはスポーツ選手や芸能人で、さんざん収入あったのに破産しちゃう人の話なんかも聞きますよね。お金の流れを無視して散財してしまう、行動や選択をミスってしまうのはなぜなんでしょう?今回は1億を手にして、今後どう生きていくかの選択について

 

目次

 

 

金融資産1億円を突破した直後のすがじん

 

金融資産1億円の壁を突破したときの興奮は今でも忘れられない

 

ストックオプションを行使し、株券が自分の証券口座に入庫された日の、早朝3時頃だったか
ストックオプション付き転職の経緯→億越えバクダン!!ストックオプションってどうやってもらえたの??

 

ふと目が覚めて口座を確認したら・・・

 

9桁の評価額が表示されてた


愕然

  

もう言葉にならなかった

 

これまでの努力、数々の挫折が走馬灯のように頭を駆け巡って


その後は結局眠りにつかずに朝を迎えたっけ

 

後日、何日にもわたって、家計簿アプリを1日何回も眺めてました

 

あーホントに突破したんだー、夢じゃないんだー、現実なんだー

 

ドラクエⅣでいう)第X章をクリアしたっぽいぞ 

 

有頂天になりすぎずに済んだのは、移行期間があったから
ご参照→金融資産1億円突破するとわかったらどーする?? - 金融資産1億円への道とその後

 

十分に計画を練ることができていたので、じゃー行動起こしますかー、と
結構淡々とね

 

本番

 

 

今後どうしていくか、すがじんの選択肢

 

すがじんとしては、会社に残るか辞めて独立するかの、ざっくり二通りのプランを描いていました

 

  • 会社に残る

    社内で新事業を立ち上げてそこそこ軌道に乗っていたこともあり、そろそろ新たなチャレンジをしたいタイミングだった

    会社の基盤を活用しつつ、自分のネットワーク(異業種)活かしながら何か面白いことできるのなら、ありかも!?

    収入はもともとのダブルインカムどころか金融資産までもが稼ぎ始めるトリプルインカム!!( *`ω´*) ふんす!

  • 会社を辞めて独立する

    もともとベンチャーの門戸を叩いたのは、PL(損益計算書)だけでなくBS(貸借対照表)も管理していくような事業推進経験を積みたかったから

    まぁ流石にBSのマネジメントとなると社長クラスじゃないとできず当初やりたいことはできなかったわけで、こういうことはどの会社でも当たり前に起こることですよね
    腐らずに置かれた場所で花咲かすのが大事!

    このまま会社にいてもできないならば、いっそのこと自分でその状況を作っちゃえばいいじゃないか!

    収入は自分の勤労収入分がゼロになるわけだけど、嫁さんの収入と資産運用益で幸せに暮らしてけそうだし

 

折衷案として、独立しつつ会社に属するという選択肢もありました

 

まぁ色々な人生を妄想するの、それはそれは楽しかったですよ^^

 

 

参考までに他の人は何を選択したか?

 

これまでストックオプション行使した人を見てみると、だいたいこの3パターンに分かれるイメージ

 

人数比率は、均等な感じします

 

  1. 会社に残り続け、グロースに全力コミットする人

    社長とともに新たな世界観を世の中に提唱し続けたい

    社長についていき、支えることで、さらに新たな世界を覗いてみたい

    会社を大きくして、より大きい規模の仕事をしたい、より高い地位につきたい

  2. 会社を辞めて、次のベンチャーの経営幹部に旅立つ人

    自分の経験や力が次の会社でも通用するかを試したい

    自分の経験を他の会社にフィードバックしてグロースさせることで、広い意味での社会貢献をしたい

    次のストックオプションがほしい


  3. 会社を辞めて、自分の思い描く事業を切り開く人

    自分の思い描く世界観を体現してみたい

    自由がほしい

 


正解なんてひとそれぞれなわけで

 

他人軸と自分軸のバランスだったり

 

社会貢献を直接的にしたいのか間接的にしたいのかのバランスだったり

 

何を大事にしたいか、自分のしっくりくるものを選べばいーんですよね

 

 

最終的なすがじんの選択


1か月ほど会社に残る道を模索し、すがじんは最終的に3番目を選びました。会社を辞めて独立
嫁ブロックはなく、親ブロックがすごかった。これも示唆だらけだったので、おいおい触れてみます

 

JNGの最終的な決め手は、果てしない自由が感じられたことと、この後どう展開していくか予測できないとこでした
怖いけどワクワクする感じ、パルプンテ!JNG、ドラクエⅢ世代w

 

一番の自分への問いかけはこちら

 

「もしも自分の時間が100%自由に使えるなら、何したい?」

 

うん、知的なアドベンチャーやりたい(好きな事業やったり、刺激的な人に会ったり、新しい世界を見たり)

 

それから、心身の健康と家族との時間を大事にしたい

 

ということで、会社に勤務していた分の時間が丸々浮きまして、、、

 

会社を立ち上げ、投資家トライアスリート主夫として過ごしています

 

非金融人材が全力で資産運用に取り組んだらどうなるのか?

 

トマ・ピケティが著書「21世紀の資本」で言っている「r>g」を全力で体現するとどうなるのか?

 

ちょこっと自分で実験してみようかなと思っています

 

これからのグローバル社会(多様性社会)で、旦那さんが嫁さんを支える構図もあっていいじゃない、なんて思想を世に提唱して実験してみたい

 

はじめは変化が怖かったですが、やってみればどうにかなるもんで^^

 

 

おわりに

 

冒頭で触れた「お金の流れを無視して散財してしまう、行動や選択をミスってしまうのはなぜなんでしょう?」は、その瞬間の快楽を追及しちゃってるからなのかもしれませんね

 

もしも今の自分だったらどうするか??

 

お金のコントロール力を身に着けることを優先するかなぁ

 

でもストイックすぎても辛いから、多少のご褒美・贅沢も楽しみます。ちょっとだけね^^

 

今と将来のバランス、成果と能力のバランスを取るイメージです

 

未来と現在, 成果と能力

 

多分、当ブログの「億越え再チャレンジ!」シリーズでも、上記の二つのバランスはキーワードとして頻発してくることになるでしょう

 

自分の人生で色々実験してみようと動いてみたら、「人生は壮大な実験だ!」を提唱する本田直之さんコミュニティと接点ができたり

 

どう展開するか楽しみです!

 

ではまた次回!パルプンテ

 

P.S.
内容面白かったら、ブログ本文下の星マークをクリックしてください!!
連打もウェルカム、すがじん、喜びます^^ 

 

推薦図書

 

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。: ワクワクを見つけるために自分の源泉にアクセスしてみましょ~

 

www.amazon.co.jp